ここから本文です

トヨタ、R5規定のヤリス製造でWRC2参戦も可能に? マキネン代表が明かす

4/21(日) 13:01配信

motorsport.com 日本版

 TOYOTA GAZOO Racing WRTの代表として、トヨタのWRC活動を率いているトミ・マキネンは、トヨタがWRC2クラスに参戦できるR5規定に沿ったヤリスを製造する計画を立てていると明かした。

【写真】WRC2プロクラスのフォード・フィエスタ R5

 R5とはFIAが定める競技車両カテゴリー、グループRのうち最も強力な規定であり、1600ccの4気筒ターボエンジンを使用。WRカーに次ぐ戦闘力を持っているマシンだ。

 シトロエン、フォード、ヒュンダイは全てR5規定のマシンを用意しているため、WRCに現在参戦している4つのファクトリーチームのうち、トヨタのみがR5規定のマシンを持たないメーカーとなっている。

 この状況は、トヨタの市販車に適切なエンジンが搭載されていないことで発生したものだが、トヨタが今後発売する新しいマシンで、その問題が解決されるはずだ。情報によれば、ヤリスR5は2021年に発売される予定だという。

 マキネンは「我々は今、研究を進めているところだ」と語った。

「しかしそれ(R5の製造)は計画の中にある」

「新しいエンジンを搭載した別の(市販)車が発売されると期待している。我々に必要なのはそれだ。しかしそのエンジンの公認および製造番号が使えるようになるまで待つ必要がある」

「興味深いプロジェクトであり、トヨタのマシンがもっと多く、世界中で戦っているのを見られるのは素晴らしいことだろう」

「FIAから、このカテゴリーの変更をする予定はないと聞いている。このクラス(R5)は良いクラスなので、それは素晴らしいニュースだ」

 現在、R5規定ではシュコダ・ファビア R5が圧倒的な強さを誇っており、WRC2クラスを3連覇中だ。また、M-スポーツが開発したフォード・フィエスタ R5も2013年にデビューしてからWRC2を3連覇しており人気が高い。

 その他、ヒュンダイ・i20 R5が2016年に、フォルクスワーゲン・ポロ GTI R5が2018年にデビュー。シトロエンは、DS3 R5を2014年に投入。さらに2台目のR5マシン、C3 R5を2018年に実戦デビューさせている。

 コストパフォーマンスに優れるR5規定のマシンは人気が高く、WRC2クラスにもワークスチームやプロドライバーが多数参戦。この現状を鑑みて、2019年からワークスチームを対象としたWRC2 プロクラスが新設されている。

David Evans

最終更新:4/21(日) 13:01
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事