ここから本文です

【JRA】芝2200mで日本レコード更新 京都9R・比良山特別で2分9秒7

4/21(日) 14:57配信

netkeiba.com

 21日、京都競馬場で行われた比良山特別(1000万下・芝2200m)は、A.シュタルケ騎手騎乗の3番人気ネプチュナイト(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。

 勝ちタイムの2分9秒7(良)は、トーセンホマレボシが2012年京都新聞杯で記録したコースレコード(2分10秒0)、グリュイエールが2016年名古屋城Sで記録した日本レコード(2分9秒9、中京)をともに更新する、新レコードとなった。

 ネプチュナイトは父ルーラーシップ、母タンザナイト、その父サンデーサイレンス。全兄に重賞2勝のダンビュライトがいる血統。前走の500万下(中京芝2200m)に続いての連勝となった。

最終更新:4/21(日) 17:01
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事