ここから本文です

金大中・元韓国大統領夫人 入院先で危篤状態

4/21(日) 14:45配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の故金大中(キム・デジュン)元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)氏(96)が入院先で危篤状態に陥っていることが21日、分かった。

 李氏と近い人物などによると、同氏は1か月ほど前に健康状態が急激に悪化してソウル市内の病院に入院。現在、持病の肝臓がんなどにより危篤状態だという。

 今月20日には長男で元国会議員の金弘一(キム・ホンイル)氏が急死したが、李氏は意思疎通を取るのが不可能な状態だ。

 ただ、金大中平和センター側は「高齢の方にみられる症状」とし、危篤説を否定した。

最終更新:4/21(日) 14:45
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事