ここから本文です

ジャルジャル福徳、痛い恋愛エピソードのオチ「日本ってまだ道がガタガタなんやな」

4/21(日) 23:55配信

お笑いナタリー

ジャルジャルが本日4月21日、沖縄・琉球新報ホールで行われた出演映画「僕の好きな女の子」の舞台挨拶に登壇した。

【写真】ジャルジャルと玉田真也監督はレッドカーペットにも参加。(メディアギャラリー他5件)

本作はピース又吉の妄想エッセイ「僕の好きな女の子」を原作に、玉田企画主宰の玉田真也が恋する人間のみっともなさをリアルな会話劇で鮮明に描き出す、“非キラキラ系・青春恋愛コメディ”。「島ぜんぶでおーきな祭」の「TV DIRECTOR'S MOVIE」に出品され、同会場で初上映された。

ジャルジャルは、一緒に登壇した玉田監督について「中学生。誰かの息子さんかなって思った。そしたら監督やったからびっくりした」(福徳)、「俺も内心『いや、お前(が監督)かい!』って思った」(後藤)と第一印象を述べる。一方で、いざ撮影が始まると監督は別の顔を見せるといい、後藤が「映画監督って、以前僕らも出させていただいた井筒(和幸)監督のイメージしかなかったんやけど、玉田監督は見た目は真逆のところにいるのに、撮影中の演技指導とかになると井筒さんみたいに激しくなる」と告白。さらに福徳は「演技指導も実演してくれて、それがめっちゃうまい」と付け加えた。

作品にちなんで自身の“痛い恋愛経験”を聞かれた場面では、福徳が「高校のときの彼女がどこぞのケーキが好きっていうから、自転車で片道1時間くらいかけて買いに行った」とピュアな思い出を紹介。しかし「帰ってきたらケーキがべちゃべちゃになってて。日本ってまだ道がガタガタなんやなあって思いました」と思わぬところで話を着地させる。玉田監督も「大学時代に喫茶店で勉強していたら好きな子が目の前にいて。彼女がかけていたサングラスを外した瞬間、テンパってしまって僕もメガネを外しちゃったっていう思い出がある」とユニークなエピソードを披露した。

なお本人いわく「めちゃめちゃチョイ役」のジャルジャルのほか、サルゴリラ児玉、渡辺大知、奈緒、太賀、徳永えり、山本浩司、濱津隆之、長井短らがキャストに名を連ねている。

最終更新:4/21(日) 23:55
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事