ここから本文です

衆院沖縄3区、辺野古移設に不信 自民、知事選に続き補選も敗北

4/21(日) 20:13配信

共同通信

 沖縄県知事に転出した玉城デニー氏の衆院議員失職に伴う沖縄3区補欠選挙は21日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し、野党が支援する無所属のフリージャーナリスト屋良朝博氏(56)が、自民党新人の元沖縄北方担当相島尻安伊子氏(54)=公明推薦=を破り、初当選を確実にした。自民党は推薦候補が落選した昨年9月の知事選に続く敗北で、辺野古移設を進める安倍政権への不信が再び示された格好だ。

 玉城氏や辺野古反対派は、県民投票で辺野古沿岸部の埋め立て反対が7割を超えたことや辺野古を抱える沖縄3区の民意が明確になったとして、国への攻勢を強める。

最終更新:4/21(日) 20:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事