ここから本文です

広島、今季初の4連勝で最下位脱出 打線爆発10安打7点 ジョンソンが今季初勝利

4/21(日) 16:46配信

デイリースポーツ

 「広島7-4DeNA」(21日、マツダスタジアム)

 息を吹き返した王者・広島が今季初の4連勝をマーク。同率5位で並んでいた阪神がこの日敗れたため、最下位を脱出した。

【写真】誠也やった!4連勝引き寄せる先制タイムリー

 先発した国吉を攻め、1死二、三塁から鈴木が先制の左前適時打。さらに西川の左前打で1死満塁となると、バティスタが右前適時打を放った。さらに安部、石原が連続押し出し四球を選び、2点を追加した。

 先制適時打の鈴木は「チャンスだったので、先制点につながって良かった」と話した。バティスタは「打ったのはストレート。コースに逆らわずうまく捉えることができた」と振り返った。

 二回にも2死満塁からバティスタの2点適時打でリードを広げると、七回にはバティスタが今季1号となるソロを放った。先発のジョンソンは大量点に守られ、5回4安打1失点で、4試合目の先発で今季初勝利をマークした。

 DeNAは、ローテ順通りの京山ではなく、中継ぎの国吉を先発させる「オープナー」で臨んだが、この投手起用が裏目に出た。DeNAは今季初の5連敗を喫した。

最終更新:4/21(日) 18:15
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事