ここから本文です

中日が12安打7点で乱打戦制す ヤクルトは首位から転落

4/21(日) 17:57配信

デイリースポーツ

 「中日7-5ヤクルト」(21日、ナゴヤドーム)

 中日がビシエド、アルモンテら中軸の活躍で12安打7点と乱打戦を制して、貯金を3とした。

 初回、ビシエドがヤクルト先発の高梨から2点適時打を放ち、先制。続く二回にも平田、大島、ビシエドのタイムリーで3点を加えて、高梨をKO。その後、1点差に追い上げられたものの、五回にアルモンテが適時打、七回にも堂上の適時二塁打で突き放した。

 大島が2安打1打点、ビシエドは3安打3打点、アルモンテも3安打1打点と中軸が結果を残した。

 投げては、3回4失点で降板の吉見のあとを受けた救援の6投手が6回を1失点に抑えて逃げ切った。

 ヤクルトは先発の高梨が2回5失点と大誤算で、首位から転落した。

最終更新:4/21(日) 18:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/22(水) 14:45

あなたにおすすめの記事