ここから本文です

【フローラS】キャリア2戦目セラピアは1番人気も14着 藤岡康「外からのプレッシャーに…」

4/21(日) 17:45配信

スポーツ報知

◆第54回フローラS・G2(4月21日、東京・芝2000メートル、良)

 1、2着馬に優先出走権が与えられるオークス(5月19日、東京)のトライアルは3歳牝馬18頭によって争われた。

 

 直線の決め脚比べは、逃げ切った前走から一転、中団待機策をとった3番人気のウィクトーリア(美浦・小島茂之厩舎、戸崎圭太騎手)が外から伸びて、最内を突いた2番人気のシャドウディーヴァ(岩田康誠騎手)に鼻差競り勝って重賞初制覇を決めた。勝ち時計は1分59秒5。

 3着は9番人気のジョディー(武藤雅騎手)が逃げ粘った。1番人気に推されたセラピア(藤岡康太騎手)は14着に終わった。

 藤岡康騎手(セラピア=14着)「外からのプレッシャーがあり、力んでしまった」

最終更新:4/22(月) 0:14
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事