ここから本文です

NGT48・山口真帆が卒業発表 101日ぶり“復帰ステージ”で

4/21(日) 20:04配信

デイリースポーツ

 昨年12月に新潟市内の自宅で、男性2人から暴行される被害を受けていたことが明らかになった、アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が21日、新潟市のNGT48劇場で行われた、副キャプテンを務めるチームGの「千秋楽公演」である「逆上がり」公演に出演。アンコールで、グループからの卒業を発表した。山口と親友関係である長谷川玲奈(18)と菅原りこ(18)も同時に卒業を発表した。

【写真】やせ細った体の山口、プロ根性を見せて笑顔でパフォーマンス

 山口が公の場に姿を見せるのは、1月10日に同所で行われた「NGT48劇場オープン三周年記念公演」以来、101日ぶり。“復帰ステージ”で、長谷川、菅原に続いての卒業発表に、ファンは静まりかえった。

 発表の直前まで、まったく卒業の予感を感じさせなかった。冒頭こそ若干、緊張した様子が見られたが、公演が進むたびに表情もリラックス。自己紹介の場面では「こんばんは!NGT48、チームGです!」などと最初のMCを担当。自身の番が来ると、大声援を浴び、「ありがとうございます…」と声を詰まらせて「まほほんこと山口真帆です!ありがとうございます」と感謝した。

 その上で「本当にこのたびはご心配をお掛けして申し訳ありません」と、再び騒動について謝罪。「本日はチームGの千秋楽。チームGのメンバーになって良かったなと思う毎日です。今日の千秋楽を思いっきりみんなと楽しんで忘れられない公演にしたいと思います」と話した。

 それでも、20日深夜には有料会員向けのメールで、千秋楽公演について「チームGの公演も明日が最後です」とし、「チームGの解散もスタッフさんの間だけで決められて、私はラインの連絡で知りました。悲しくて、悔しかったです」と告白。現存チームの解散に強い反発の思いを示していた。

最終更新:4/21(日) 21:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事