ここから本文です

NGT48荻野由佳、千秋楽でファンに感謝「みんなと一緒に成長できたことがうれしい」

4/21(日) 14:54配信

オリコン

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48のチームNIIIが21日、NGT48劇場で『誇りの丘』千秋楽公演を実施。荻野由佳はアンコール中のあいさつで、これまでの公演を振り返り「みんなと一緒に成長できたことがすごくうれしく思います」とファンに感謝した。

【写真】可憐なレオタード姿!輝く美脚を披露したNGT48・荻野由佳

 あいさつを任された荻野は、「初めてオリジナルの公演をいただいて、最初は「私たちに新しい公演が成功できるか」と戸惑いや不安があったんですけど、それ以上に楽しみだったりワクワクだったり、同じ公演は1回もなかったなというくらい、自分たちも心から楽しめて『誇りの丘』公演を登っていくことができました」と、これまでを回想。

 そして「みなさんがたくさん足を運んでくださって、愛してくださったからこそ、今の『誇りの丘』公演ができあがっていると思います」とファンに感謝。「振り返ってみれば、楽しかったこともありましたし、間違えて悔しかったこともたくさんあったんですけど、みんなと一緒に成長できたことがすごくうれしく思います。すごくどれも楽しい思い出で、すごくいい思い出でした」と充実した表情で語った。

 最後には大きな声で「みなさん、公演を愛してくれてありがとうございました! 今日もいっぱい汗をかけて楽しかったです!」と呼びかけた。

 開演前、劇場支配人の早川麻依子氏がステージからファンに向けてあいさつし、これまでの騒動について「心よりお詫び申し上げ。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 NGT48は今月11日、「NGT48は現在のチーム制度を取りやめ、新たに、NGT48 1期生と研究生として再スタートを切ることに致しました」と報告。メンバーの山口真帆が昨年12月に暴行被害を受けたことが今年1月になって発覚後、研究生公演やソロ公演は行っていたが、チーム公演は行っていなかった。4月前半の劇場スケジュールはすべて「休館日」となっていた。

最終更新:4/24(水) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事