ここから本文です

21日 初夏の陽気 西日本は夏日続出

4/21(日) 7:46配信

tenki.jp

きょう21日(日)も日差しが届く所が多いでしょう。最高気温は関東から九州は20度以上、西日本は25度以上の夏日の所が多くなりそうです。

午前中は広く晴れる 午後は雲多め

きょう21日(日)は次第に気圧の谷が近づく見込みです。九州から近畿は日中はおおむね晴れて日差しがたっぷり届きそうです。夜は雲が広がるでしょう。東海や関東は午前中を中心に晴れますが、昼頃から雲が広がりやすい見込みです。北陸は雲が多いでしょう。山陰から北陸にかけての日本海側を中心に午後は雨の降る所がありそうです。東北や北海道は日中はおおむね晴れますが、北海道の日本海側でも夜は所々で雨が降る見込みです。また南西諸島は、南西諸島の低気圧や大陸から延びる前線の影響を受けるでしょう。昼頃まで局地的に雨や雷雨となりそうです。

初夏の陽気 28度くらいまで上がる所も

きのう20日(土)は熊本県人吉市で最高気温28.8度まで上がり、全国(島嶼部を除く)で今年一番の暖かさとなりました。きょう21日(日)も関東から九州は最高気温が20度以上の所が多いでしょう。きのう20日(土)は20度に届かなかった東京や横浜なども再び20度を超えそうです。西日本ではきのう20日(土)のように25度以上の夏日の所もあるでしょう。特に九州ではアメダス地点の半数で夏日となり、28度くらいまで上がる所もありそうです。5月下旬から6月下旬並みの初夏の陽気でしょう。半袖の陽気で、日差しが照りつけると暑いくらいとなりそうです。この時期は紫外線が徐々に強まっていますので、帽子をかぶったり、日傘を差したり、日焼け止めを塗るなど、対策をしっかりしてお出かけください。

あす以降も暖かさ続く

あす22日(月)は関東や東海でも25度を超える所があるでしょう。あさって23日(火)はさらに北陸などでも夏日の所が増えるなど、ゴールデンウイークを前にグッと暖かくなりそうです。

日本気象協会 本社 小野 聡子

最終更新:4/21(日) 7:46
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事