ここから本文です

世界最大翼長誇るストラトローンチ、その機体が空を舞う

4/21(日) 7:10配信

ギズモード・ジャパン

ちょっと現実感がありませんね。

Microsoft(マイクロソフト)の共同創業者こと故ポール・アレン氏が立ち上げた、翼長が世界一長い飛行機「Stratolaunch(ストラトローンチ)」のプロジェクト。この飛行機は宇宙ロケットを積載して空中から打ち上げるために開発が続けられていました。こちら、先週土曜日の朝(現地時間、13日)、とうとう2.5時間の初飛行を成功させました!

【記事のツイート画像】世界最大翼長誇るストラトローンチ、その機体が空を舞う

2つの胴体に6基のボーイング747ジェットエンジンを搭載したストラトローンチは、翼長が385フィート(約117メートル)で重量が50万ポンド(約230トン)。カリフォルニア州のモハベ空港にて実施された初飛行では、その速度を時速189マイル(時速約300キロ)にまで引き上げました。

機体の製造はノースロップ・グラマン傘下のスケールド・コンポジッツが担当。2011年にその計画が発表され、当初は2016年の初飛行が予定されていました。CNNによれば、このプロジェクトの費用は不明なものの、機体はアルミニウムではなくカーボンファイバー製で、ボーイング747向けの部品(プラット・アンド・ホイットニー製のエンジンや28個のタイヤ)を流用することで、コストを削減しています。

そしてこの双胴の飛行機は、高度約3万5000フィート(約1万1000メートル)から3機のロケットを、低コストかつ柔軟なスケジュールで打ち上げを実現するのです。またこの方式は燃料を節約し、さらに天候の影響も受けにくくなります。ノースロップ・グラマンは、ストラトローンチによる小型ロケット「ペガサスXL」の打ち上げを予定しており、またNASAや米軍も同飛行機に興味を示しています。そして、アレン氏の死後もプロジェクトは続いているのです。

ストラトローンチ・システムズのJean Floyd氏は、「この瞬間を長年夢見てきたんだ。まさか、この瞬間にポールが隣に立っていないとは思わなかったけどね」と、コメントを残しています。またテスト飛行を実施したパイロットのEvan Thomas氏は、「ほとんどの場面で、飛行は想定内のものだった。飛行機の複雑さとユニークさを考えれば、初飛行としてこれ以上の結果は望めないだろう」と伝えています。

ストラトローンチは今後FAA(連邦航空局)の認可を必要としており、運用開始にむけてさらなるテスト飛行を実施する必要があります。また、リチャード・ブランソン氏のヴァージン・オービットといった、ボーイング747-400の改造機によるロケットの空中打ち上げを目指すライバルも存在するのです。

Source: Stratolaunch, Washington Post/CNN

Tom McKay - Gizmodo US [原文] ( 塚本直樹 )

最終更新:4/21(日) 7:10
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事