ここから本文です

女子トイレ個室のコンクリート壁が倒れる 女性が下敷きになり重傷 香川

4/21(日) 11:31配信

KSB瀬戸内海放送

 20日午後、香川県多度津町の体育館でトイレの壁が倒れ、女性が下敷きになりました。女性は腰の骨を折る大けがをしました。

 20日午後0時30分ごろ、香川県多度津町の町民体育館2階の女子トイレで、個室を覆っていたコンクリート製の壁が倒れました。個室の外で手を洗っていた丸亀市の女性(41)が壁の下敷きになり、腰の骨を折る大けがをしました。

 警察によりますと事故当時、体育館では香川県の中学生バレーボール大会が開かれていて、女性は、生徒の保護者として訪れていたということです。体育館は1980年に建てられ、町の外郭団体が管理しています。警察が業務上過失傷害の疑いも視野に壁が倒れた原因などを調べています。

最終更新:4/22(月) 11:29
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事