ここから本文です

なぜ女子高生は「韓国アプリ」に熱狂するのか?美容整形マンガもヒット

4/21(日) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

今、日本の女子中高生の間でブームとなっているのが「韓国カルチャー」です。ブームというよりも、もはや文化として根付いています。

【全画像を見る】なぜ女子高生は「韓国アプリ」に熱狂するのか?美容整形マンガもヒット

K-POPやコスメが流行っているのは知っている人も多いかと思いますが、アプリに関しても全方位でめちゃくちゃ流行っています。今回は、特徴的なものをいくつかピックアップしました。

人気のカメラアプリはすべてSNOW発

女子中高生のスマホにおいてカメラアプリは、“母艦”のような役割を果たしています。カメラアプリで加工した画像を、さまざまなSNSに投稿するからです。なので、全てのSNSの投稿のクオリティを左右する、とても重要な存在といえます。

なぜインスタやTwitterなどのSNSに付いている加工ツールを使わないかというと、こだわりです。カメラが好きな人がレンズにこだわるように、自撮りが好きな女子中高生は加工に並々ならぬこだわりを持っています。

そのカメラアプリ、この領域は韓国の大手IT企業、NAVER(ネイバー)の子会社、SNOW Corporationの独壇場です。

SNOWに始まり、B612、Foodieや最近流行ってきているSODA……。いま10代の間で流行っているカメラアプリはほぼ、SNOWが作っていると言っていいでしょう。

B612はもともとSNOWより“盛れる”と話題になって使われはじめました。

ただ、今はインターフェースがSNOWに寄り、機能もほぼ同じなので、2つのアプリで同じ構図で撮って加工して、SNSで友達にどっちが可愛いか判断してもらったり、好きなアイドルやYouTuberが使っている方を選んだりする人が多いようです。

これから来るのは「ナチュ盛り」

最近は、盛りすぎない「ナチュラル盛り」という加工が流行っています。その中で、徐々に人気が出てきているのが、こちらもSNOW Corporationが作ったSODA。

デフォルトである程度加工されていることと、機能を絞り込んで使いやすくしていることが特徴です。ユーザーの30%以上は10代女性に寄ったアプリで、2019年に入ってから3月末時点で月間利用者数(MAU)が3倍に伸びています。

TikTokもそうだったのですが、10代女性から使い始めるアプリは伸びるという法則があるので、ここから爆発的に来るかもしれません。

「Ulike」という中国の加工アプリも20代女性にかなり人気なのですが、こちらは機能が細かくて、しっかり盛ることができます。SODAはSNOWよりもナチュラルかつシンプル、Ulikeは高機能が売りという違いがあります(※MAUなど性・年代別の数字はApp Ape推計)。

1/3ページ

最終更新:4/22(月) 10:23
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事