ここから本文です

クラブのリリースいつする? どうする? 感覚をつかむ最適ドリル【ゴルフ】

4/21(日) 11:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

2019年のレッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞したヤン・フー・クォン教授と吉田洋一郎プロの共著「驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ」。地面からの反力を使った最新スウィングを紹介する書籍の中から、リリースの感覚を掴むためのドリルを紹介。

ボールをダウンスウィングで投げつけるドリル

正しい「リリース」の感覚を体感するドリルをご紹介しましょう。それは、両手でメディシンボールのようなものを持ってスウィングし、ダウンスウィングで投げつけるドリルです。このドリルのポイントは、右足の真横あたりにボールを叩きつけるように投げ下ろすという点にあります。

ダウンスウィングの動作のなかでボールを手から放す(リリースする)動作は、そのままクラブの「リリース」と連動します。「リリース動作」は左腕が地面と平行くらいの位置から始めたいのですが、このタイミングで「リリース」が行われれば、ボールは自然とその真下付近に投げつけられることになります。

しかし「強く叩きたい」とか「ボールに当てたい」という意識が強いと「リリース」が遅れ、メディシンボールを投げつけるのがボールをティアップした位置付近になりやすいですし、さらに「飛ばしたい」という意識が強いと「リリース」できないまま手元が流れていって、ボールは目標方向に飛んでいくでしょう。

切り返しで左に踏み込むと、少し体が左にスライドしますので、体の右側にスペースが生じます。ダウンスウィングでは、重力という外力も使いながら、そのスペースに腕や手元を「落とす」感覚です。この動作によって効率よく腕とクラブを加速させ、タイミングよく「リリース」してヘッドを走らせるのです。

「驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ」(ゴルフダイジェスト社)より

撮影/姉崎正

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:4/21(日) 11:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事