ここから本文です

ヤバいぞ利根川! 巨大な幻の怪魚捕獲に挑む120時間の死闘

4/21(日) 12:00配信

テレ東プラス

怪魚ハンター・山根正之が強力な助っ人と共に、利根川で幻の怪魚“アオウオ”の捕獲に挑戦する。

闘いの舞台は、茨城県長豊橋付近の利根川。ここには、中国4大家魚のひとつ“アオウオ”が生息しているが、その生息率はわずか1%にも満たないという。

そんなアオウオに挑むのが、怪魚ハンターの山根正之。昨年末、日本三大怪魚の1つ“ビワコオオナマズ”の捕獲に成功した記憶も新しい。

今回、正之の助っ人として参加するのが山根央之。正之の実兄で、在学している近畿大学大学院では、発信機を用いた魚の行動を研究している魚のプロフェッショナル。

中国では2メートル超えの目撃情報もあるアオウオは山根ブラザーズにとっても憧れの魚。「2人で力を合わせて、時間と知識と経験を活かして捕獲したい!」と正之は意気込みを語る。

産卵で遡上するアオウオを、そのルートで待ち構えて釣る作戦。ルアー釣りとは違って、何回も投げられないため最新鋭探知機「DeeperPro+」を導入。これは釣り糸に取り付け投げ込むことで水深80メートルまで探知できる優れものなのだ。

さっそく、川の中を探る山根ブラザーズは、利根川の底力を知ることになる。ものすごい量の魚影が映し出されたのだ! さらに、川底にアオウオらしき魚影を発見! 山根ブラザーズのテンションも一気にあがる。

貝類を好んで食べるアオウオのために用意したタニシは、なんと10キログラム。このタニシの量でアオウオ釣りがいかに困難かを予想できる。

「DeeperPro+」に加えて、新兵器として魚が食いついて糸が出ると音が鳴るバイトアラームも用意。準備が整ったところで、仕掛けを4カ所に設置。午前10時、闘いの幕が切っておとされる!

「騒いでもダメ、待つのが一番のテクニック!」と、まだまだ余裕の山根ブラザーズ。夜も交代で竿の番を続けるが、初日はまったくヒットがないまま終わってしまう。

2日目、午前9:30、央之に不自然な動きが! 「アオっぽい!」と色めき立つが…、糸が川底の岩肌で擦れて、切れてしまう可能性が。形勢不利な状態で釣りあげようとするが、健闘空しく糸は切れてしまう。「くっそ~!」雄叫びをあげて悔しがる央之。

引き上げた糸は、予想通り擦れてボロボロになっていた。しかし、アオウオの感触はしっかりと掴んだ山根ブラザーズは「やっていることは間違いではなかった」と確信。

正之は「エサを食いに戻ってくるはず」と力強く語るが、最初の3日間は釣果なしに終わってしまう。

1/2ページ

最終更新:4/21(日) 12:00
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ