ここから本文です

ネットで夢を叶えた大学生のその後11年――「弾いてみた動画」で人気、ピアニストまらしぃに聞くネット時代の生き抜き方

4/21(日) 11:48配信

BuzzFeed Japan

これまでアーティストになるには、オーディションやスカウトによって事務所に見出される限られた道しかなかった。しかし、今では米津玄師をはじめ、ニコニコ動画に動画を投稿してプロの道へ進む経歴を持つアーティストも少なからずいる。ピアニストとして活躍するまらしぃもその一人だ。2008年、当時大学生だった彼は、1本の動画を投稿してこの道に進むことになった。ネットの登場によって、夢を叶えるハードルは下がりつつあるが、一方で再生数や人気、誹謗中傷までが可視化される世界でもある。 YouTuberが「なりたい職業」の上位に来る時代、ネットの世界で夢を叶え、長く生き抜くにはどうすればいいのか。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

「質量を持った残像」と絶賛されるまらしぃさんのピアノ演奏【動画】

結果、人気、アンチの声…すべてが可視化されるネットの世界

――ネットで活動を続けられていますが、アンチのコメントがついたり、再生数が伸びなかったり、気を病んだりすることはないのでしょうか?

もちろん否定的なコメントもありますね。僕が「まらしぃ」として活動を始めた2008年ぐらいは、ニコ動は2ちゃんねるっぽいアングラ感があったので、特に。

罵声が挨拶みたいな……(笑)。それに、わざわざ書いてくれてるわけですから。嫌と言いつつ、何かしら気になったところがあるのかなって。あと、僕の場合は独学に近いので、音楽理論を学ばれた方からすると「違う」というようなコメントもつきます。その場合は「すみません」としか言いようがない。

――もともと割り切っていた……?

そうですね。ネット自体はゲームの攻略から入ったので、現実を見ていたというか。大学生当時は『ぷよぷよフィーバーオンライン』をやりこんでおり……。オンラインゲームは、同級生とかリアルな友人よりも強い人が多くて、全然勝てないんですよ(笑)。

なので、上手い人の動画や攻略チャットを見ていたので「ここはそういう文化である」と思っていたんです。アンチコメントで悩む気持ちもわかるけれど、僕は最初の心構えが良い位置にあったかもしれません。顔出しは住所が特定されそうで抵抗感がありますし。

もともと、有名になりたいとかピアノで食べていきたいとかではなく、ゲーム仲間に「ちょっと見てよ」という軽い感じで動画を投稿したのがはじまりだったぐらいで

――2008年ってニコニコ動画(ββ)あたりで、まだ無法地帯のような時代でした。

そうですね(笑)。まだ不安定な時代だったので、当時からニコニコ動画とYouTubeの両方に動画をあげてました。

ちょうど、攻略チャット上でちょっと有名な強いプレイヤーさんがいいて、その人から『東方Project』の『ネイティブフェイス』を弾いて欲しいっていうリクエストが軽く来たので、耳コピで弾いてみたんです。当時は東方自体を知らなかったんですけど、彼と仲良くなりたい……下心ですね(笑)。

当時は東方自体知らなかったんですけれど、好きな曲が弾けたらチャット内で他の人より目立てるじゃないですか。かといって、その録音音源をDMとかで送るのは、ちょっと…重いというか(笑)。

――URLを教える方がライトですもんね。当時は、一般大学に通われていたそうですが、その技術はどこで?

僕はもともと4歳から中学生くらいまではピアノを習っていたんですけれど、高校受験の前にやめてしまってたんです。3年間、音楽すらほとんど聴いてなくて、チャット上で『ネイティブフェイス』を知って久しぶりに好きだなと感じた。

同時に「弾けるかもしれない」と思って耳コピしてみたんですけど、ブランクがあったから、全然弾けない。そもそもこの曲自体、ピアノで弾くことを想定して作られていないので、音数は多いし激しい。でもムキになって練習してなんとか形にして。「ノリで弾いてみたんで聴いてください」みたいな。

1/4ページ

最終更新:4/22(月) 12:55
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事