ここから本文です

ネットで夢を叶えた大学生のその後11年――「弾いてみた動画」で人気、ピアニストまらしぃに聞くネット時代の生き抜き方

4/21(日) 11:48配信

BuzzFeed Japan

YouTubeとニコ生。ふたつの居場所の違い

――YouTubeのチャンネル登録は100万を超えていますが、今もニコニコ生放送なメインの主戦場ですよね。なぜですか?

YouTubeとニコニコ動画って性格がちょっと違う気がしてて。

ニコニコ動画は、部室みたいな同じ趣味を持った人たちで内輪的にワイワイ楽しむ感じ。YouTubeは最近スマートフォン持ち始めた若い子達から、僕の親世代の人とか、もちろん海外の方とか。色々な方がいらっしゃるんで自分のことを知ってもらう広い場所だなと思っていて。

YouTube の方が再生数自体は多いので、僕のことを知ってもらう間口というか。「ピアノを聴く!」というモチベーションで来てくれる人が多いので、演奏をしっかりやる気持ちでいますね。

一方でニコニコは、ゲームとかアニメ、ボーカロイドが好きな人とワイワイやる場所。僕のことを知った人たちが来ているので、お互い顔は知らないでしょうけど、みんなでワイワイ盛り上がる。

場所が2つあると選べる。ピュアに演奏を聴いてもらえると、弾ている身としてもモチベーションすごく上がる。でも、そればっかりだと硬くなってしまう。息抜きも必要。仲間と遊ぶように弾く場所も欲しい。

――ニコ生でコメントしてくれる人同士が結婚したり、友だちがいる感じですよね。

そうなんですよ。結婚もですし、最近は「明日出産なんです」っていうコメントがつく。生配信中に生まれた子も何人か見てるんです。「今、産まれました」みたいな。

その子がスマートフォンとかパソコンとか持って、自分でネットを自由に使えるようになった時まで僕は続けてようかなって思うんですよね。

君が生まれたとき僕は演奏していたんだぞ、みたいな(笑)。

ネットで繋がって顔も素性も知らないけれど、10年以上も関係が続いている。小学校の時によく遊んでいた同級生で連絡をとれない人も多い。不思議な感じというか、素敵だなと思いますね。

3/4ページ

最終更新:4/22(月) 12:55
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事