ここから本文です

ネットで夢を叶えた大学生のその後11年――「弾いてみた動画」で人気、ピアニストまらしぃに聞くネット時代の生き抜き方

4/21(日) 11:48配信

BuzzFeed Japan

由緒正しい権威とネット発のフェイクっぽさ

――10年ネットを中心に活動を続けてきて、6月には幕張メッセでライブもありますね。

日本を代表するような方たちが立つ舞台ですから、その場にピアノで立たせてもらえるなんて、本当に恵まれてるとは思います。大きなステージで演奏するのは気持ちがいいので。

――配信とはやっぱり違いますか?

配信はわかりやすくコメント。人前で弾くと拍手だったり、お客さんがちょっとした挙動 。基本的に自分のギアが上がってきたら、コメントたくさん流れてくる。そこは変わらないですね。画面ごしか、直接見られているか。これぐらいかも。

――クラシックの「正統派」な世界から離れたことに、コンプレックスを感じますか?

あー(笑)。昔はありました。一度ピアノをやめていなければ、音楽の大学とかに行ってそういう道もあったのかもしれないって。でも、今は一回辞めて正解だったんじゃないかって思ってます。

――今のまらしぃさんのスタイルとは少し違うから?

そうかもしれないです。僕は基本的に遊びから入ったので。クラシックな世界は、やっぱり楽譜が前提ですし、作曲家が何を想い、自分でどう解釈し、再現していくか……脈々と引き継がれる伝統がありますからね。昔は「なんで好きに弾かせてくれないんだろう」って思いましたけど、今はその素晴らしさもわかるようになりました。

――昨年リリースしたアルバム『marasy piano world』に『ちょっとつよいエリーゼのために』が入っていたのは、自分の中で踏ん切りがついたからですか?

そうですね……これはコンクールで酷評された苦い思い出がある曲でして(笑)。「一からピアノを勉強し直してください」っていう評価だったんですけれど、おかげさまで毎日ピアノを弾いて暮らせるようになりました。

僕の中で、その過去も受け入れられたので、「当時の審査員さん、元気かな?」と思ってアルバムに挿入したんです。その時ぐらいから、過去のコンプレックスは消えていった。

由緒正しく師弟関係を結んでコンクールで実績を積む伝統的なルートも素晴らしいと思います。僕は音楽理論もわからないので、正しくないと指摘されたら「すみません」と言うしかない。

ただ、今ってYouTuberという職業ができたり、若い人なりの嗅覚で新しい業界が盛り上がったりしてる。10年やってきても僕らは「所詮ネット」とか「浮ついてる」と言われることもある。

でも、あと10年やり続けたら、あんまり言われなくなる気がするんです。

そんな感じしません? だって今、小さいころからスマホ持っている子たちが就職する時代。彼らに「幼少期に憧れた人は誰ですか?」って聞いたら、僕らになっている可能性がある。

「YouTubeで演奏見ました」とか「ネットで記事読んでました」とか。そういう人たちが増えてきたらレッテルを貼られなくなるような気がします。

4/4ページ

最終更新:4/22(月) 12:55
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事