ここから本文です

ナダル「14年間のクレーで最悪な試合」 4年連続の決勝進出ならず<男子テニス>

4/21(日) 10:49配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)は第13シードのF・フォニーニ(イタリア)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、4年連続の決勝進出とはならなかった。

【錦織、ナダルらバルセロナOP対戦表】

4連覇と12度目の優勝を狙っていたナダルだったが、この日はフォニーニの強打に押されて第1セットを落とす。第2セットに入っても本来の力を発揮できず、ゲームカウント0-5と崖っぷちに立たされる。その後は2ゲームを連取したが、1時間36分でストレート負けを喫した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナダルのコメントが掲載されており「おそらく、この14年間のクレーで最悪な試合の1つだった」と落胆した。

今後、ナダルはバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)に第1シードで出場。初戦では、世界ランク62位のL・メイヤー(アルゼンチン)と同78位のM・コピル(ルーマニア)の勝者と対戦する。

一方、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ」で初の決勝進出を果たしたフォニーニは、決勝で世界ランク48位のD・ラヨビッチ(セルビア)と対戦する。ラヨビッチは準決勝で第10シードのD・メドヴェデフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:4/21(日) 10:53
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事