ここから本文です

フェド杯 日本3勝でWG2部残留が決定、土居美咲が単2勝目<女子テニス>

4/21(日) 12:23配信

tennis365.net

フェドカップ

女子テニスの国別対抗戦フェドカップ ワールドグループ2部プレーオフ(入れ替え戦)日本vsオランダは21日にシングルスが行われ、世界ランク104位の土居美咲が同149位のB・スクフース(オランダ)を6-3, 6-2のストレートで下し、3勝0敗の日本はワールドグループ2部残留を決めた。

【天国と地獄を見た土居美咲】

前日のシングルス2試合に勝利していた日本は、2日目の第1試合に土居が登場。第1セットを先取すると、第2セットもバックハンドのダウンザラインからネットプレーを決めるなどでスクフースとのエース対決をストレートで制し、今大会のシングルスで土居は2勝目をあげた。

日本は2月のワールドグループ2部1回戦スペイン戦(日本/北九州、室内ハード)で2勝3敗で敗れ、ワールドグループ・プレーオフ(入れ替え戦)進出を逃した。

一方、オランダはカナダに0勝4敗で敗れ、2部プレーオフに臨んでいた。

最終更新:4/21(日) 17:57
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事