ここから本文です

<高校サッカー>準々決勝、聖望学園が初4強 武南、西武台、浦和東も4強入り 準決勝の組み合わせは

4/21(日) 10:48配信

埼玉新聞

 (関東大会埼玉県予選 第3日・西武台高校ほか=20日)

 準々決勝が行われ、武南、聖望学園、西武台、浦和東が4強入りを決めた。準決勝進出は聖望学園が初、浦和東が2年連続、武南と西武台はともに4年ぶり。

<少年サッカー>スクール21カップが開幕 上尾で総合開会式、350チーム6千人が参加

 県新人大会4強の聖望学園は、本庄東に5―0で圧勝した。前半に坂本の先制点などで2点を奪うと、後半にも3点を追加した。浦和東は新人大会準優勝の正智深谷を1―1からPK戦の末、3―0で下した。

 武南は2回戦で新人大会優勝の昌平を破った埼玉栄に3―0で快勝。大谷、相山、青野がゴールを挙げた。同4強の西武台もふじみ野を4―0と圧倒。前半13分に山本が先制点を決めると、その後も効果的に加点した。

 準決勝は27日、浦和駒場スタジアムで武南―聖望学園(11時)、西武台―浦和東(13時)のカードで実施され、それぞれの勝者が関東大会(6月1~3日・茨城)の出場権を獲得する。

最終更新:4/21(日) 10:48
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事