ここから本文です

「私と全人類にとってあれはPK」ポチェッティーノがハンドを逃した主審の判定に怒り心頭

4/21(日) 13:00配信

GOAL

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、PKを与えなかったレフェリーの判定へ怒りをあらわにした。

大本命はトッテナム、脱落するのは…白熱のプレミアリーグCL出場権争いを大予想!

20日に行われたプレミアリーグ第35節でトッテナムは敵地でマンチェスター・シティと対戦。チャンピオンズリーグの激闘から僅か3日後に迎えた一戦で、トッテナムは早々にマンチェスター・Cに先制を許すと、最後まで同点ゴールを挙げられず、0-1で敗れた。

しかしこの試合、0-1で迎えた後半にデレ・アリのトラップをカイル・ウォーカーがクリアした場面で誤審の可能性が浮上。リプレイを見る限りボールはマンチェスター・CDFの腕に当たっているが、主審のマイケル・オリヴァー氏はPKをトッテナムに与えなかった。試合後、ポチェッティーノ監督は『beINスポーツ』でレフェリーの判定に苦言を呈している。

「私が思うに、あれはペナルティだったが、我々はそれを手にできなかった。まったく困惑するような場面でもなかったはずだ。マイケル・オリヴァーは後ろからあの場面を見ていたんだ。明らかでなければしょうがないが、あの場面は明らかどころの話ではない。マイケル・オリヴァーはファンタスティックな場所から2人の競り合いを見ていたはずだ」

「たぶんマンチェスター・シティにとってではないが、私と残りの全人類にとって、あれはペナルティだったと思う」

今シーズン、すでに2試合のベンチ入り禁止処分を科されたポチェッティーノ監督のレフェリー批判の発言に対して、イングランドサッカー協会(FA)がどのような対応をするかは現段階で不明。仮に再び処分を科されることになれば、熾烈なトップ4争いに巻き込まれるトッテナムにとって大きな痛手になりかねない。

最終更新:4/21(日) 13:00
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事