ここから本文です

大阪・堺の無料野外ロックフェス『MIKROCK』、5回目の開催が決定

4/21(日) 9:00配信

Lmaga.jp

大阪・堺のライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」が主催する無料の野外ロックフェス『MIKROCK』が、今年も開催。「大浜公園」(堺市堺区)から「大泉緑地」(堺市北区)に会場を移し、10月26日・27日におこなわれる。

【写真】MIKROCK代表、三国ヶ丘FUZZ店長の田原さん

「音楽を通じて堺を盛り上げ、新たな音楽に触れることでライブハウスに足を運んでもらうきっかけを作りたい」と、2015年にはじまったこのフェス。過去開催時には、KANA―BOONやヤバイTシャツ屋さん、坂口有望ら同ライブハウスで育ち、そして全国に羽ばたいたアーティストも多数出演してきた。

今年も「MIKROCKから世界に羽ばたくアーティストを地域密着型で応援したい」と、2日間で約130組のアーティストが出演予定だという。会場には7つのステージを設置し、なかには中学生・高校生が出られる学生ステージや、40歳以上の方の大人ステージも。

また、「親子で遊べるフェス」という初開催時から大切にしているコンセプトを継続し、フードコートやフリーマーケットなど、音楽目当てでなくても1日楽しめるイベントを目指す。会場の「大泉緑地」は大阪メトロ御堂筋線「新金岡駅」から徒歩15分。出演アーティストは後日、公式ホームページ、およびツイッターにて発表される。

最終更新:4/21(日) 9:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事