ここから本文です

【MLB】菊池雄星、勝利投手の権利掴む 5回10安打4失点も、1点リードで降板

4/21(日) 12:12配信

Full-Count

3回まで4安打1失点、マリナーズが2点をリードしている

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間21日・アナハイム)

 マリナーズの菊池雄星投手が20日(日本時間21日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、5回10安打4失点と粘投し、メジャー初勝利の権利を掴んだ。5回を終えてマリナーズが5-4とリードしている。

【動画】エンゼルス公式ツイッターが公開 大谷と菊池の談笑の様子

 マリナーズ打線は初回、先頭のハニガーが、エンゼルス先発のケーヒルから左翼ポール際への先頭打者本塁打となる6号ソロを放ち、いきなり先制。さらに2死から4番のボーゲルバックが、今度は右翼ポール際への8号ソロを放ち、さらに1点を加えた。

 いきなり2点を先制してもらった菊池は4試合ぶりに初回を無失点で切り抜けた。3回2死一塁で、プホルスに、ベーブ・ルースに並ぶ史上5位となる通算1992打点目(打点が公式記録となった1920年以降の通算成績)左翼線への適時二塁打を許し1点を返された。

 マリナーズは4回2死満塁で、引退したイチロー氏を師と仰ぐゴードンが2点適時打を放ちリードを拡大。その裏、菊池はコザートの犠飛で1点を返されたが、5回にエンカーナシオンのソロが飛び出し再び3点差に。

 菊池は5回にエンゼルス打線の反撃にあって2点を失い、1点差まで詰め寄られたが、なんとかリードを守ったまま5回を投げ抜き、勝利投手の権利を手にした。マリナーズは6回から継投策に出て、2番手でサゼックがマウンドに上がった。

Full-Count編集部

最終更新:4/21(日) 13:15
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事