ここから本文です

全日本F3選手権第2戦鈴鹿:スタートを決めた宮田莉朋が第1戦の雪辱を果たす。アーメドが2位に

4/21(日) 18:52配信

オートスポーツweb

 全日本F3選手権第2戦は4月21日、三重県の鈴鹿サーキットで17周の決勝レースが行われ、スタートを制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が波乱の展開を制し優勝。通算3勝目・今季初勝利を飾った。2位はエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)、3位は小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)となった。

【スタート直後白煙を上げストップしたメディカルカー】

 直前のスーパーフォーミュラ第1戦の決勝で複数回のセーフティカーが出たことから、10分遅れとなる16時35分にフォーメーションラップがスタートした全日本F3選手権第2戦。スタートは宮田が決め、フェネストラズが2番手へ。3番手には抜群のスタートを決めたアーメドが続いた。

 その背後には小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)、大湯都史樹(TODA FIGHTEX)、そして大きくジャンプアップした三浦愛(ThreeBond F314)が続くも、非常に珍しいアクシデントのためセーフティカーが導入された。

 通常レースでは、参加車両の背後からマーシャルカーやメディカルカーが1周目にレースを追いかけていくことになるが、1コーナーに差しかかったFD2型のホンダ・シビック・タイプRのメディカルカーが、1コーナーに差しかかろうかというタイミングで大きな白煙を上げてしまったのだ。シビックはすぐさまコース脇に車両を止めたが、この車両から漏れた液体の処理のためのセーフティカーとなったのだ。

 オイル処理の後、このセーフティカーは5周目に退去するが、リスタート時の日立オートモティブシステムズシケインで、「宮田のブレーキが早いように感じた。僕が追突したかたちだから、僕のミスだけれど」というフェネストラズが、「リスタートはうまく決めたつもりでしたが、まさかぶつかるとは思いませんでした」という宮田のテールに接触。フロントウイングを壊してしまう。フェネストラズはそのままピットに戻ったが、大きく遅れてしまうことになり、さらにこの接触によりドライブスルーペナルティが課された。

 これでリスタート後は宮田が先頭、アーメド、小高、大湯、そして三浦愛(ThreeBond F314)をかわした河野駿佑(RS FINE K&N F318)が続くが、宮田にとってはファステストラップも奪い、フルポイントの12点を奪いたいところ。宮田はプッシュを続けると8周目に1分53秒219をマークし、これを手中に収め、そのまま逃げ切り。開幕戦の悔しさを晴らす勝利を飾った。

 2位は小高を振り切ったアーメドが入り、2戦連続の表彰台に。3位は小高で、全日本F3での初表彰台となった。大湯が4位、河野が5位に。スタートでストールしたものの、追い上げたシャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)が6位となった。マスタークラスは第2戦も山口大陸(タイロクレーシング28号)が制している。

全日本F3選手権第2戦鈴鹿
決勝レース結果
Pos./No./MC/Driver/Car Name/Car/Laps
1/36//宮田莉朋/カローラ中京 Kuo TOM’S F317/F317/トヨタ-トムス/17
2/65//エナム・アーメド/B-Max Racing with motopark F3/F312/スピース/17
3/37//小高一斗/カローラ中京 Kuo TOM’S F317/F317/トヨタ-トムス/17
4/2//大湯都史樹/TODA FIGHTEX/F319/トダ/17
5/35//河野駿佑/RS FINE K&N F318/F318/HWA/17
6/7//シャルル・ミレッシ/YTB by Carlin/F317/スピース/17
7/12//大津弘樹/ThreeBond F318/F318/スリーボンド東名/17
8/8//片山義章/YTB by Carlin/F315/スピース/17
9/13//三浦愛/ThreeBond F314/F314/スリーボンド東名/17
10/28/M/山口大陸/タイロクレーシング28号/F315/スピース/17
11/51//アメヤ・ベイディアナサン/B-Max Racing with motopark F3/F315/スピース/17
12/30/M/DRAGON/TEAM DRAGON F3/F314/スピース/17
13/5/M/久保田克昭/Planex・スマカメ F3/F315/トヨタ-トムス/17
14/11//サッシャ・フェネストラズ/B-Max Racing with motopark F3/F314/スピース/16

ファステストラップ:宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317) 1’53.219 8/12
ペナルティ:
No.11 ドライビングスルーペナルティ)国際モータースポーツ競技規則 付則H項 2.9.11(SC活動中の危険行為))
No.11 罰金3万円(全日本フォーミュラ3選手権統一規則 第21条-1(ピットエリア作業違反)

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/21(日) 19:28
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事