ここから本文です

残留争い直接対決で6失点大敗…シュトゥットガルト、ヴァインツィール監督を解任

4/21(日) 8:57配信

SOCCER KING

 シュトゥットガルトは20日、マルクス・ヴァインツィール監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 昇降格プレーオフ圏内の16位に沈むシュトゥットガルトは、同日に行われたブンデスリーガ第30節で14位のアウクスブルクとの残留争い直接対決に臨んだが、0-6で大敗。その約5時間後には、ヴァインツィール監督の解任が発表された。

 ヴァインツィール監督は昨年10月、解任されたタイフン・コルクト氏の後任として指揮官に就任。しかし3連敗スタートを切ると、指揮した23試合では4勝4分15敗とチームを立て直すことができず。クラブは今シーズン2度目の監督交代に踏み切った。

 リーグ戦残り4試合は、U-19チームを率いていたニコ・ヴィリヒ氏が暫定監督として指揮する。38歳のヴィリヒ氏は2016年1月からシュトゥットガルトの下部組織で指揮を執り、今シーズンからU-19チームの監督を努めていた。

 シュトゥットガルトは次節、27日にホームでボルシアMGと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:4/21(日) 8:57
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事