ここから本文です

「これは君のものだ」B・シウバがMOMを拒否、プレミア初ゴールの18歳に譲る

4/21(日) 11:46配信

ゲキサカ

 マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)が、トッテナム戦のマン・オブ・ザ・マッチを拒否した。地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でトッテナムと対戦したシティは、17日にホームで行われた第2戦を4-3で制したものの、2戦合計4-4のアウェーゴール差で敗退。そこからわずか3日後の20日に、同じスタジアムでトッテナムと再び顔を合わせた。

 試合は前半5分、右サイドのB・シウバが縦にいくと見せかけて中央に切れ込むと、PA右手前からクロスを供給。FWセルヒオ・アグエロが丁寧に落としたボールをMFフィル・フォーデンがダイビングヘッドで押し込み、先制に成功した。その後、スコアは動かず1-0でシティが勝利。見事、リベンジを果たした。

 プレミアリーグで初ゴールを挙げ、英『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたフォーデンは、B・シウバにMOMのトロフィーを渡す役割を託された。だが、B・シウバはこれを拒否。「正直、君がこれに値すると思う。だから、僕はフィルにこれを渡したい。君は若くて、素晴らしいプレイヤーだ。これは君のものだ」と語り、18歳MFに譲った。少々困った表情をみせたフォーデンは、B・シウバと握手をかわし、その場を後にした。

最終更新:4/21(日) 11:49
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事