ここから本文です

モウリーニョが今季バロンドールを予想「C・ロナウドは脱落した」

4/21(日) 17:31配信

ゲキサカ

 元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)がバロンドールを受賞すると予想している。スペイン『マルカ』が報じた。

 バロンドールは2008年から10年間、メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が5度ずつ受賞。しかし、昨年はレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初受賞を果たし、2強時代に終止符が打たれた。また、C・ロナウドは2位だったが、メッシが5位に入り、12年ぶりにトップ3から漏れた。

 だが、今季メッシは素晴らしいパフォーマンスを披露。リーガ・エスパニョーラで33ゴール13アシストを記録し、バルセロナの連覇が近づいている。さらにコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)では4試合2ゴールで決勝進出に貢献。そして、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では8試合10ゴール3アシストでチームを準決勝進出に導いた。

 一方、今夏ユベントスに加入したC・ロナウドは、セリエAで27試合19ゴール8アシストを記録。自身初のスクデット獲得に大きく貢献した。しかし、コッパ・イタリア(国内杯)、欧州CLはともに準々決勝で敗退。数字上では、明らかにメッシの方が上だ。

 モウリーニョ氏は、2019年のバロンドール予想について「メッシは驚異的なシーズンを過ごしている。クリスティアーノ・ロナウドはこの戦いから脱落した。メッシは、バロンドールが待っていることをわかっている」と語り、メッシを推した。

 なお、メッシの受賞となれば、2015年以来4年ぶり6度目となる。

最終更新:4/21(日) 17:31
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事