ここから本文です

ベリーズと国交樹立30周年 上院議長が台湾を訪問

4/22(月) 19:24配信

中央社フォーカス台湾

(台北 22日 中央社)中華民国(台湾)と外交関係を持つ中米ベリーズの上院議長らが22日から26日までの日程で台湾を訪問している。外交部(外務省)が22日午前に発表した報道資料によると、訪台期間中、蔡英文総統や呉ショウ燮外交部長(外相)とも面会するという。(ショウ=金へんにりっとう)

台湾とベリーズは今年、国交樹立30周年を迎える。同部によれば、一行は南部・屏東の屏東農業生物科技園区(バイオテクノロジーパーク)や大鵬湾国家風景区などを訪問するほか、「台湾とベリーズ国会友好協会」の設立式典に出席する。その他の政府機関や民間企業も訪れ、台湾の政治や経済、農業、文化などの分野について理解を深めるという。

同部は、国交樹立30周年に合わせてベリーズの上院議長が訪台し、両国の国会友好協会の設立に立ち会うことは、外交関係に対する重視や国会議員の緊密な友好関係の象徴だとした。

(顧セン/編集:楊千慧)

最終更新:4/22(月) 19:24
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事