ここから本文です

FC琉球、昇格組対決に敗れる 鹿児島に0―1

4/22(月) 11:24配信

琉球新報

 【鹿児島市で喜屋武研伍】サッカー明治安田J2の第10節、FC琉球は21日、鹿児島県鹿児島市の白波スタジアムで鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、0―1で敗れた。昨季琉球をJ2昇格・J3優勝に導いた金鍾成前監督率いる鹿児島とのJ2昇格組ダービーは後半ロスタイムに決勝点を奪われ、涙をのんだ。琉球の通算成績は4勝4分け2敗の勝ち点16で6位。次戦は27日午後7時半から、ホーム・沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでFC町田ゼルビアを迎え撃つ。


(1)白波スタ
鹿児島 2勝1分け7敗(7)
 1―0(0―0,1―0)
琉 球 4勝4分け2敗(16)

▽得点者 【児】 五領(1)
▽観客 4521人

 【評】パスを細かくつなぎ、「攻撃的サッカー」を展開するチーム同士の対決。序盤から両チームとも、サイド攻撃やドリブルの中央突破などで何度も決定機をつくり続けるが決まらず。激しい打ち合いが続いた後半のロスタイム、鹿児島の五領淳樹がゴール前でフリーで受け取り、左足で押し込み決勝点とした。

◆やり切れていない

 樋口靖洋監督(FC琉球)の話 悔しい思いが強い。主導権の取り合いの中で、やり切れていない部分があった。やっているように見えて、パスが50センチずれている。攻守の動きだし、パスの精度をもっと上げなければ。次の町田戦はホーム。アクションを起こして主導権を握りたい。

琉球新報社

最終更新:4/22(月) 11:24
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ