ここから本文です

ドライバーがあおり運転していないか監視、オムロンがサービス提供へ

4/22(月) 11:45配信

レスポンス

オムロンの子会社のオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)は4月19日、ドライバー安全運転管理サービス「ドライブカルテ」に、ドライバーのあおり運転を検知・警告する機能を追加して6月末に提供すると発表した。

主にドライバーの安全運転を管理する立場にある社有車を持つ企業や、物流・公共交通などの事業者向け。

今回追加したあおり運転検知・警告機能は、ドライブカルテに内蔵する3軸加速度センサーや、ジャイロセンサー、GPSで急な加減速や急ハンドル、走行速度を検出し、独自のアルゴリズムによって、あおり運転を判断する。あおり運転を検知すると、ドライバーに音声で注意喚起すると同時に、運行管理者に対してもリアルタイムで通知する。

また、運行管理者は収集した走行データを活用し、ドライバーごとに運転行動に基づいた安全運転指導するのに活用できる。

あおり運転はドライバーだけでなく、雇用する事業者にとっても重大なリスクとなる。今回の機能拡張により、あおり運転を含め、危険につながるドライバーの運転行動をモニタリングし、安全運転レポートとしてフィードバックすることで、ドライバー、事業者のリスクの低減に貢献していく。

OSSでは今後、ドライバーの体調変化や睡眠不足など交通事故の原因となる新たな課題にも対応していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:4/22(月) 11:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事