ここから本文です

中村倫也 ソファと運命の出会い「早く座りたくてウズウズ」

4/22(月) 15:04配信

東スポWeb

 俳優の中村倫也(32)と女優の木下晴香(20)が22日、都内で行われた実写映画化したディズニー映画「アラジン」(6月7日公開)の劇中歌「ホール・ニュー・ワールド」お披露目イベントに登場した。

「プレミアム吹替版」で、主人公のアラジンを中村が、ヒロインのジャスミンを木下が演じる。この日は魔法のじゅうたんに乗って、2人がハーモニーを奏でた。中村は「尋常じゃないくらい、のどが乾いています、汗もかいています。緊張しました」と語り、木下も「普段は舞台に出る前に緊張するのですが、きょうは出た瞬間にすごく緊張しました」と明かした。

 吹き替え担当が決まったときに中村は「まさかディズニーさんと仕事すると思ってなかった。楽しむものだと思っていたので、これは頑張らなきゃなという気持ちでした」と振り返った。今回のキャスト決定には周囲の反応も大きく、「いろんな知り合いからメールが来ましたね。この間は薬局でのどあめを買ったら、レジのおばちゃんから『歌わなきゃですもんね』って言っていただいて、そうですねって思った」と話した。

 同作品ではアラジンとジャスミンの“運命の出会い”もテーマになっている。これまで“運命の出会い”を聞かれると「この前、すごくいいソファを見つけたんです。買って、早く座りたくてウズウズしている」と憧れのソファがあると笑いを誘った。ただ、「そもそも運命の出会いってそういうものですかね。『運命ナウ!』とか感じるんですかね。そういうのに出会いたいですね」とも語った。

最終更新:4/22(月) 15:04
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事