ここから本文です

浜松でまた置き石 西区市道にブロック片、14件目

4/22(月) 12:16配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 21日午後10時50分ごろ、浜松市西区志都呂の西都志都呂宮前公園東側の市道で、車道上にコンクリートブロック片が置かれているのが見つかった。現場に衝突した跡はなく、けが人や物的被害は確認されていない。浜松西署は何者かが故意に置いた可能性があるとみて往来妨害容疑で調べている。浜松、湖西両市で確認された置き石は14件目。

 同署によると、ブロック片は縦19センチ、横19センチ、高さ10センチ。自動車で市道を走行していた通行人が見つけ「道の真ん中に石が落ちている」と同署に通報した。現場は片側1車線の直線道路。

 両市では昨年10月から路上にブロックや石が置かれる事件が相次いでいる。今月14日夜には浜松市西区入野町の市道で石に乗り上げた乗用車が川に落下した。同署は関連も視野に調べを進めている。

静岡新聞社

最終更新:4/22(月) 12:16
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事