ここから本文です

「何かの間違いであって欲しい」「言葉が見つからない」 「あみん」岡村孝子が急性白血病を発表、ファンに動揺走る

4/22(月) 12:29配信

ねとらぼ

 シンガーソングライターの岡村孝子さんが4月22日、急性白血病と診断されたことが公式サイトで発表されました。予定されていた4公演の中止を伝えており、ファンからは「何かの間違いであって欲しい」「言葉が見つからないです」とショックを隠しきれない声が寄せられています。

【画像】加藤晴子さんとの2ショット

 公式サイトの発表によると、「先日行なった検査の際、『急性白血病』と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました」とのこと。コンサートやアルバムのリリースを楽しみにしているファンに謝罪するとともに、「また皆様の前に必ず元気な姿で戻って参りますので、どうか温かく見守っていただけますようお願い申し上げます」と伝えています。

 岡村さんと加藤晴子さんの2人で結成された「あみん」は1982年から1983年まで活動した女性歌手グループ。2007年に活動を再開しています。デビュー曲となった「待つわ」は1982年で唯一のミリオンセラーとなり、オリコン年間ヒットチャート第1位を獲得しました。

 岡村さんは、「あみん」の活動休止中であった1985年にソロデビューし、多くのシングルやアルバムをリリース。加藤さんとともに「あみん」としてのステージやソロでのコンサートをこなしたりラジオ番組に出演したりと精力的に活動し、2019年6月からはコンサートツアー「OKAMURA TAKAKO CONCERT 2019“T’s GARDEN”」を予定していました。

 予定されていたツアーコンサートは、6月15日の千葉県「松戸森のホール21」、6月22日の広島県「東広島芸術文化ホールくらら大ホール」、6月30日の埼玉県「川口総合文化センターリリアメインホール」、7月14日の兵庫県「ポートピアホール」の4公演が中止に。チケットの払い戻しについては近日中に公式サイトや各主催者サイトなどでお知らせするとのこと。また、5月22日発売予定のニューアルバム「fierte」は予定通りリリースすることも伝えています。

 活動を見守り続けたファンからは「まずはお休みして、治療に専念してください!」「時間がかかっても元気になられることを優先してください」と体を気遣う声や、「『と・も・に』やアルバム『fierte』がたくさんの人に届くよう 応援していきますね」と作品の普及を応援するという声が。また、「元気にまたコンサートで会える日を楽しみにしています」と、ステージ復帰を心待ちにする声も見られました。

ねとらぼ

最終更新:4/22(月) 12:36
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事