ここから本文です

三田駅近くにカレー専門店「カレー番長」 グランドメニュー2種類主力に /東京

4/22(月) 19:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 カレー専門店「カレー番長(港区芝5、TEL 03-6809-3399)」が三田駅近くにオープンして1カ月がたった。経営はハイパードライブ(港区)。(品川経済新聞)

「カレー番長」店内

 ブライダルEC事業やコンサルティング事業を手掛ける同社の飲食店新業態。「カレーハウス林」跡を改装した。店舗面積は10坪。席数は16席。

 広報担当者の植野真理子さんは「田町にはビジネスマンと学生が多く、両方の集客を見込んで出店した。忙しい人でもさっと食べられるカレーライスの需要は高いのでは」と話す。

 グランドメニューは、30種類以上の具材を煮込んだ「番長カレー(ビーフ)」(750円)、トマトベースのソースにデミグラスソースを合わせた「ハヤシライス」(680円)の2品。テークアウト可。「食べ終わった後口がピリピリするほどの辛さと、コクのあるうまみが特徴。とろみをつけて日本人好みのカレーに仕上げた」と植野さん。

 追加メニューとして、「ルー大盛り」(200円)、「ルーダブル」(400円)、「ご飯大盛り」、「ピクルス大盛り」、「生卵」(以上50円)も用意する。

 ドリンクメニューは、「瓶ビール(小瓶)」(300円)、「ウーロン茶」「コーラ」(以上200円)の3種類。

 植野さんは「年内5店舗を目標に、全国展開を視野に入れて出店していく。一度食べるとやみつきになる当店のカレーをぜひ多くの人に味わってもらいたい。一度足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~16時。日曜・祝日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/22(月) 19:01
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事