ここから本文です

【天皇賞・春馬体診断】フィエールマン

4/22(月) 13:40配信

デイリースポーツ

 「天皇賞・春・G1」(28日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、春の天皇賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

平成最後の盾を制するのは 天皇賞(春)出走馬の馬体をチェック

 【フィエールマン 評価A】

 シャープな体のラインに、スラッと伸びた脚。短く厚みのある首差しこそ変化はないが、背、腰の無駄な肉が取れ、AJCC当時とはまるで違ったスタイル。ステイヤー仕様といったところか。

 腹も巻き上がるほどの締まりを見せており、いい意味でディープ産駒らしい馬体の雰囲気が出てきた。ケイコの動きも抜群で、今までで一番の出来だ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉嶋田を背に美浦Wで6F81秒9-37秒6-12秒8(強め)。2頭を大きく追い掛けながらも、直線は手応え、勢いの違いを見せつけて貫禄の先着。馬体も無駄が一切なく、仕上げに抜かりはない。

最終更新:4/22(月) 14:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事