ここから本文です

水戸市長「原発反対派多かった」 3選、東海第2巡り

4/22(月) 11:55配信

共同通信

 水戸市長に3選された高橋靖氏が22日、記者会見を開き、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)に関し「選挙活動をしていて、肌感覚では反対派がとても多かった。市民の声を真剣に受け止める」と述べた。水戸市は同原発の再稼働に事前同意権を持つ6市村の一つ。高橋氏は「実効性のある避難計画が策定されず、市民理解がない状況での再稼働は認めない」との立場を示している。

 高橋氏は市民意向を把握するには「客観的な数字が必要」と強調し、数万人規模の住民アンケートなどの調査を実施する考えを重ねて示した。

最終更新:4/22(月) 12:00
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事