ここから本文です

約7割が中古端末に「抵抗がある」 フリマアプリ「ラクマ」の調査

4/22(月) 19:31配信

ITmedia Mobile

 楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、4月22日にサービス利用者1万6660人を対象とした携帯端末購入に関するアンケートの結果を発表した。

中古端末を購入する理由

 携帯端末の購入時に重要視する項目を複数回答で聞いたところ、1位が「価格の安さ」(88%)、2位が「機能の充実」(85%)、3位が「デザイン」(57%)、4位が「機種・モデルの新しさ」(55%)となり、最新機種よりもコストパフォーマンスを重視する傾向があった。一方「その他」(8%)の選択理由で「iPhoneであること」を挙げるユーザーも多く、iPhone人気の高さも伺えた。

 続いて中古携帯端末の購入経験者(2387人)に対し、中古の携帯端末をどのような用途で購入したのか複数回答で聞いた。最も多い回答は「自身の携帯端末買い替えのため」(48%)で、次いで「自身や家族の2台目の携帯として」(28%)、「家族の携帯端末買い替えのため」(8%)となった。「その他」には「故障機の代替用」「予備」「Wi-Fi接続用」といった内容が見られ、「初めて使うメーカー機種の、操作性が自分に向いているか確認するため」といった意見もあった。

 中古の携帯端末に抵抗があるか聞いたところ、回答者全体の72%が「やや抵抗がある」または「かなり抵抗がある」と回答。その理由を自由回答で質問すると「機能の劣化等が気になる」「セキュリティが不安」「他人が使用した物は使いたくない」が多く、「かなり抵抗がある」は10代が23%に対し70代では43%と、年代が上がるにつれて割合が高くなる傾向が見られた。

 中古携帯端末を購入した際の満足度については、「大変満足」と「満足」を合わせた回答が7割に。自由回答では「価格に対して性能に満足している」「安く手に入り問題なく使えた」などコストパフォーマンスに関する回答が集まった。同様に、次に携帯端末を購入する際に再度中古端末を購入するか聞いたところ、42%が「購入したい」と回答。「次は新品を購入したい」という回答は17%にとどまり、「まだ分からない」も41%となった。自由回答では「その時の経済状況や端末の性能にもよるので」など、中古・新品問わず機能面と価格を考慮したコストパフォーマンスを重視する傾向が見られた。

ITmedia Mobile

最終更新:4/22(月) 19:31
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事