ここから本文です

日テレ社長 モンキー・パンチさんに感謝 過去13回の最多放送劇場作品は…

4/22(月) 15:05配信

デイリースポーツ

 日本テレビが22日、都内の同局で定例の社長会見を開いた。同局系で放送している人気アニメ「ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさんが亡くなったことを受け、大久保好男社長や幹部があらためて哀悼と感謝の意を示した。

【写真】宝塚でルパン三世!?笑顔のモンキー・パンチ氏

 日本テレビは71年に第1シリーズの放送を開始してから、18年に放送した第5シリーズまで、断続的にテレビシリーズを放送してきた。また、2時間映画枠や、スペシャル枠で劇場作品のみならず、テレビ向けのスペシャル版を今年1月放送分の「-グッバイ・パートナー」まで26作品放送している。

 取締役の福田博之編成局長は「本当にモンキー・パンチ先生にも、ルパン三世にもお世話になっている」とあらためて謝意を示した。なお、劇場版のルパン三世の放送実績では、「ルパンVS複製人間」が13回、宮崎駿監督作品で、銭形警部の名台詞でもおなじみの「カリオストロの城」が12回を数えている。なお、劇場作品は今年冬に新作公開が予定されている。

 大久保好男社長は、モンキー・パンチさんの訃報について、「名作のルパン三世、私達のさまざまな形で関わらせていただいておりました。素晴らしい作家の方でしたので、本当に残念に思いますけれども、いい作品を残していただいたということについては、感謝の気持ちをこめて、ご冥福を祈りたいと思います」などの思いを語った。

最終更新:4/22(月) 16:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事