ここから本文です

長州力、大阪のファンに別れ 宿敵・藤波辰爾にエール「怪我に気をつけて」

4/22(月) 15:35配信

デイリースポーツ

 「プロレス・ドラディション」(21日、大阪南港ATCホール)

 6月26日に後楽園ホールで引退興行を行う長州力(67)が、藤波辰爾(65)が主宰するドラディションに出場。メインイベントで、越中詩郎、坂口征夫と組んで、藤波、ヒロ斎藤、関本大介組と激突した。大阪のファンに最後の雄姿をみせた。

【写真】パワフルなストンピングを見せる長州

 長州の入場から観衆が熱狂。革命戦士の得意技が出るたびに大歓声が起きた。長州はサソリ固め、リキラリアット、ストンピングで猛攻。最後はヒロ斎藤をリキラリアットから片エビ固めで仕留め、11分7秒で勝利した。

 試合後、長州は宿敵・藤波からマイクを向けられ「藤波選手とここまで駆け抜けて来ましたがもう精一杯です。後髪ひかれる思いですが、先に引退します」と1300人超満員札止めのファンにあいさつ。両雄はガッチリと握手を交わした。

 長州は同日夜に投稿したブログでも「藤波辰爾の存在は此れから先も私の心の中にずーっと住み続けるでしょう」、「どうか怪我だけには気をつけて藤波辰爾自身のゴールに向かって是非頑張って下さい」とつづり、大阪のファンに感謝した。

 長州は引退興行で越中、石井智宏と組み、藤波、武藤敬司、真壁刀義組と6人タッグマッチ(60分1本勝負)に登場する。

最終更新:4/23(火) 17:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事