ここから本文です

セガサミークリエイションがセガIP使用したスロットゲーム発売へ…5月マカオ開催の国際カジノ見本市G2Eアジアで初披露

4/22(月) 16:42配信

マカオ新聞

 セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは4月22日、セガグループIP(知的財産)を使用したビデオスロットゲームを今夏にも発売すると発表。

 同社は今年5月21日から23日にかけてマカオで開催される国際ゲーミング(カジノ)見本市「G2Eアジア2019」へ出展し、でセガIRシリーズを含むスロットゲームやスタンドアローン型ETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)等の製品を展示するという。

 同社によれば、「G2Eアジア2019」で初披露するするセガIPシリーズは、第1弾として2タイトルをリリース予定とのこと。各ゲームにはオリジナルゲームの特色が随所に盛り込まれており、ゲームファンも満足できるビデオスロットになっているという。また、セガIPシリーズ以外にも、「新たなプレーヤーを呼び込みたい」、「若い世代や既存プレーヤーの注目を集めたい」というカジノのニーズに応えられるよう、多種多様なゲームラインナップを取り揃えているとした。

 同社製のカジノマシンは2015年以降マカオの複数の大型IRのカジノフロアで稼働しており、設置先が拡大する中、市場における同社及び同社製品の知名度や存在感も高まっている。

最終更新:4/22(月) 16:42
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事