ここから本文です

米日産、コンパクトセダンの新型ヴァーサを披露。入門セダンながらも数多くの先進技術を標準装備

4/22(月) 9:30配信

carview!

北米日産は4月12日、フルモデルチェンジを受けたコンパクトセダン「ヴァーサ」を、フロリダ州フォートローダーデールで開催された音楽イベント「トルトゥーガ・ミュージック・フェスティバル」で発表した。

>>ヴァーサ フォト集<<

北米向けモデルとして、日産のエントリーモデルを担うBセグメントセダン「ヴァーサ」。先月末にティザー動画で新型の登場がアナウンスされていたが、予告どおり、太平洋を臨むフェスで3代目モデルが公開された。

新型の肝は、リーズナブルな入門セダンにもかかわらず、「日産セーフティシールド360」を始め数多くの先進技術が盛り込まれていること。歩行者保護機能付き自動ブレーキシステム、レーンデパーチャーウォーニング、ハイビームアシストは全モデルに標準装備となる。さらに、後退時に進路上の車両を検出するリアトラフィックアラートや、自動追従式のインテリジェントクルーズコントロールなども装着可能だ。

日産が“エモーショナル・ジオメトリー”と呼ぶ、ロー&ワイドなプロポーションのエクステリアもアピールポイント。ディテールを見ても、キックアップしたCピラーや「リーフ」や「ノート」と共通のVモーショングリルなどスポーティなエッセンスが散りばめられ、先代から一気に方向転換を果たしている。

インテリアも、フラットボトムのステアリングホイールや、上級モデルの「マキシマ」や「アルテマ」と同じ飛翔する羽をイメージしたというインパネでスタイリッシュな仕立てとされている。機能面でもプッシュ式のエンジンスタートボタンやシートヒーターなどワンランク上の装備が標準となるほか、コネクティビティについてはApple CarPlayやAndroid Autoに対応している。

パワーユニットは最高出力122馬力、最大トルク154.6Nmを発揮する1.6リッター直4で、トランスミッションはエクストロニックCVTもしくは5MTが組み合わせられる。

新型ヴァーサの販売開始は本年夏からで、日産ではセダンの潜在顧客は若年層含め全米で500万人を超えると見て訴求を図っていく構えだ。

最終更新:4/22(月) 9:30
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事