ここから本文です

完勝ダノンプレミアム「安田記念でこれほど楽な競馬は…」【マイラーズC回顧】

4/22(月) 17:18配信

優馬

競馬専門紙優馬 佐藤直文のレース回顧

 半マイル48秒5、1000m通過も60秒5の超スローペース。この流れを2番手で逃げ馬を大名マークした本命馬に、後続のプレッシャーも全くない展開とあっては、中団以降の馬には出番がなくて当然で、レースの上がりも32秒3という究極の瞬発力勝負となった。

 ダノンプレミアムは、グァンチャーレを先に行かせたところで頭を上げたり、道中も舌を出しながらの走りではあったが、この遅い流れでも折り合いはしっかりと付いていた。直線でも鞍上のゴーサインが出ると即座に反応し、最後は流す大楽勝。安田記念でこれほど楽な競馬ができるはずもないが、まだ本番を見据えた仕上げで、これだけの内容だったのであれば、アーモンドアイに香港の強豪も参戦するハイレベルな戦いでも迎え撃つことは十分に可能だろう。

 2着グァンチャーレは、マイペースの逃げで展開の利があったとはいえ、安田記念よりもここが本番と言った仕上げで、とにかく状態の良さが目立っていた。瞬発力勝負にも対応できたのはそのあたりだろうが、距離はマイルよりも1400mの方がいいのではないだろうか。

 3着パクスアメリカーナは、好位のインでジックリと脚を溜めて運んだが、結果、逃げた馬を交わせなかった。自身も32秒1の上がりの使っているとはいえ、速い時計の決着への対応が今後の課題となるだろう。

 4着インディチャンプは、3着馬と同じ競馬で追い負けた形だが、プラス10キロの馬体重が示す通りの余裕残しだった分か。

 5着ストーミーシーは、自分の競馬に徹して差を詰めたが、今日の流れではここまで。ただ、上がり3ハロンは前走に続いてメンバー最速で、こういう競馬を続けていれば、どこかでチャンスがあるだろう。

 モズアスコットは、完調でも届く流れではなく、プラス体重は戻った分もあったが、やはり基本的には叩き良化型の馬だ。

最終更新:4/22(月) 17:18
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事