ここから本文です

市営バス事故 死亡の男女身元判明 事故の様子がドライブレコーダーに

4/22(月) 13:24配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

21日午後、兵庫・神戸市のJR三ノ宮駅前の横断歩道で、市営バスが歩行者を次々とはね、2人が死亡、6人が重軽傷を負った。

後続車のドライブレコーダーには、歩行者が大勢いる横断歩道に、バスがスピードを緩めることなく突っ込んでいく様子が映っていた。

複数の歩行者が巻き込まれ、中には、その場でぐったりとする歩行者もいる。

この時、信号は赤信号だった。

事故は21日午後2時すぎ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の横断歩道で起きた。

この事故で、大学生の柳井梨緒さん(20)とアルバイトの那須勇成さん(23)が死亡、6人が重軽傷を負った。

警察は、バスの運転手・大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の現行犯で逮捕した。

大野容疑者は、「ブレーキを踏んで発進準備をしている際にバスが急発進した」と話していて、警察は当時の状況などをくわしく調べている。

(関西テレビ)

FNN

最終更新:4/22(月) 14:10
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい