ここから本文です

東京で今年初「夏日」 昨年よりも18日遅い

4/22(月) 12:50配信

ウェザーマップ

 22日(月)午後、東京都心で気温が25℃を超え、今年初めての「夏日」となった。昨年と比べて18日遅い。

気温の高い状態は26日(金)頃まで続く見通し

 関東地方に暖かい空気が流れ込んだ影響で、前橋市では午前中に25℃を超えるなど各地で初夏を思わせる陽気となっている。東京都心も正午過ぎに気温が25℃を超え、今年初めての夏日となった。

 今月は気温の低い日があり、東京の初「夏日」は昨年と比べて18日遅くなったが、15日以降は平年を上回る暖かさとなっている。
 この気温の高い状態は26日(金)頃まで続く見通しで、急な暑さで体調を崩しやすいため、こまめな水分補給などを心掛けたい。(気象予報士・片山由紀子)

最終更新:4/22(月) 13:02
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ