ここから本文です

約3000万円のアストンマーティンと約2000万円のメルセデスAMG、比べてみた!

4/22(月) 20:11配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

超高級グランドツーリングカー、選択肢は限られている。だが筆者は最近、2台を体験した。

【全写真を見る】約3000万円のアストンマーティンと約2000万円のメルセデスAMG、比べてみた!

アストンマーティン DB11 ヴォランテと、メルセデスAMG GT C(公正を期すために言っておくと、アストンは正真正銘のラグジュアリー・ツーリングカー、一方、メルセデスはスポーツカー寄りで、本来のライバルは例えば、ポルシェ911 GTS)。

価格を比べると、2台の差は実に10万ドル(約1100万円)。ちなみに、アストンマーティンはメルセデスに比較的近い価格の2ドアも販売している。V8 ヴァンテージだ。

だが、筆者はそれでもDB11 ヴォランテとAMG GT Cの比較は興味深いと考えた。どちらもメルセデスAMGのV8エンジンを搭載している(メルセデスはアストンマーティンの株式の5%を保有しており、同社にエンジンを提供している)。

最高のスピードとかなりのノイズ。それでも、一番良いスーツを着て乗りたくなる、そんな車だ。そして、これこそがこの記事のポイント。

今は高いお金を出さなくても、速い車が買える。だが、DB11やAMG GT Cのような車がもたらす、“特別な何か”がそこにあるだろうか? そして、アストンのような車を手に入れることに価値はあるのだろうか?

答えは以下。

まずは、アストンマーティン DB11 ヴォランテ。我々がテストした、最新のアストンマーティン。

ヴォランテはコンバーチブル。

DB11 クーペもテストした。クーペは超パワフルなV12エンジン、一方、ヴォランテはV8。

もちろん、ヴォランテはオープンにすると格好良い。

さらに、上品かつアグレッシブに。

インテリアは驚くほどスタイリッシュ― 極上。

一応、後部座席はある。だが、大人は厳しい。

ブルーのシートは特注。最高にゴージャス!

シート背面にはタモ・アッシュ材。

エンジンは4.0リッター V8ツインターボ、503馬力。

ここからが面白いところ。アストンマーティンは小規模な自動車メーカー。年間販売台数はわずか5000台程度。そのためエンジンをメルセデスAMGから調達している!

同じく、インフォテインメント・システムもメルセデス製。

だがハイグレードなオーディオ・システムはバング&オルフセン。

続いて、メルセデスAMG GT C!

テストしたのは生粋のハードトップGT。後部座席はない。

大きく丸みを帯びたリアエンド。アストンのシャープなテールの方が筆者には魅力的だった。

だが、全体的なデザインはよりアグレッシブ。力強さがある。一方、DB11が追求したのは美しさ。

車内はとても豪華。だが見比べると、アストンマーティンがどれほど豪華なのかが分かる。値段の違いも当然。

美しいキルティングレザー。硬いサスペンションを和らげてくれる。

4.0リッターV8ツイン・ターボ、550馬力。

だが前述の通り、エンジンは実質DB11と同じもの。DB11のV8の方が最高出力が47馬力低い。
なお、ベースになっているAMG GTもV8エンジンを搭載、最高出力は470馬力。

インフォテインメント・システムの勝負は引き分け。同じシステムだから。メルセデスはアストンマーティンの株式の5%を保有している。

オーディオシステムは引き分けではない。なぜだか筆者は、アストンのオーディオは他のラグジュアリーブランドに比べて音質が良くないと常々、感じている。AMG GTのブルメスターの音質は最高

結論、勝者はメルセデスAMG GT C!

今回、決め手になったのは、メルセデスAMG GT Cが10万ドル以上、アストンマーティン DB11 ヴォランテよりも安いということ。

2台とも、0-60mphは約4秒(AMG GTの方がわずかに速い)。アストンの方がハンドリングはスムーズで、エグゾーストもよりスリリング。しかし、10万ドルは大きすぎる。

だがDB11は最高にクール。何と言ってもジェームズ・ボンドの車。DB11 ヴォランテはどこを取っても、優れたクオリティーと卓越したスタイルを感じさせる。比べるとメルセデスが野暮ったく見えるほど。

実際、AMG GT Cには少しラフな部分もある。GTカーのような、スポーツカーのような、どっちつかずの面があり、サスペンションの硬さとブレーキの効きに関しては、若干スポーツカー寄り。

なので、特別感を味わいたい。そして、ハイスピードでよりソフトな乗り心地を楽しみたければ、DB11を選びたい。

だがシャープなドライビング、典型的なFRのドライブ体験を求めるなら、AMG GTが良いだろう。もちろん、DB11よりも安価なアストンマーティン V8 ヴァンテージとAMG GTを比較することもできた。だが今回の勝負は、筆者が最近乗った2台を対象とした。

お金の問題を抜きにしても、筆者はメルセデスAMGを選ぶだろう。だがそれでも、DB11を夢見てしまう ― そして、使ってもいない10万ドルのことも。

[原文:I drove a $273,000 Aston Martin DB 11 Volante and a $168,000 Mercedes-AMG GT C ― here's my choice for the best luxury two-door]

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

最終更新:4/22(月) 20:11
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事