ここから本文です

ソフトバンク高橋礼無傷4勝、両L単独トップ あるぞ月間MVP

4/22(月) 11:51配信

西日本スポーツ

 ◆西武5-16ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 高橋礼が速攻で獅子の勢いをそいだ。初回2死一、二塁。絶好調の森をスライダー、真っすぐを2球続けて簡単に追い込むと、最後もテンポよく、低めへこの日最速の141キロを投げ込み、空振りさせた。3球三振。前日の20日に6点を奪い、勢いを盛り返しかけた西武打線の出ばなをくじき「あそこは絶対点を取られてはいけないところ。狙って三振を取ることができた」とうなずいた。

【データ】パ・リーグ投手個人成績ベスト3

 与四球6と制球に苦しみながらも、5回を被安打2の2失点。打線の援護にも恵まれて、これで開幕から4戦4勝。ハーラーダービーの両リーグ単独トップをキープした。昨秋の西武とのクライマックスシリーズファイナルステージで存在感を示した男は、今季獅子脅し打線に2戦2勝。昨季のリーグ王者に強さを示す右腕は、初の月間MVPに選出される可能性も高くなったが「全く気にしていません」と意に介さない。

 こだわったのは、より安定した内容。「粘ることはできたがコントロールができなかった。次はもっと安定した投球をしないといけない」。2失点の5回は押し出しを含む3四球を与え、ボークも記録。大量援護をもらっての早期降板だけに、成長著しい右腕は白星にも満足はしない。

西日本スポーツ

最終更新:4/22(月) 11:51
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事