ここから本文です

水樹奈々「一気に汗だく」… 番組11年目で初のスタジオライブ!

4/22(月) 17:10配信

TOKYO FM+

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」。4月15日(月)の放送では、放送開始から11年目にして番組初の試みとなるスタジオライブをお届けしました。水樹のバックバンド「Cherry Boys」のメンバー・渡辺格さんとの貴重なライブの裏話もお楽しみください。
(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」2019年4月15日(月)放送より)

TOKYO FMスペシャルウィークの4月15日(月)の放送は、水樹のバックバンド「Cherry Boys」から、ギターの渡辺格さんをゲストにお迎えしました。

【「Cherry Boys」が譜面を置かない理由とは?】

水樹:“イタルビッチ”の相性で親しまれている渡辺格さんは、1981年にプロミュージシャンとして音楽活動をスタート! 数々の大物ミュージシャンのギタリストとして活躍しつつ、2003年から水樹のバックバンド「Cherry Boys」に参加。超絶技巧のギターテクニックはもちろんのこと、ライブMCで見せる神がかったダジャレセンスはもはや“日本語の現代アート”と言っても過言ではない、昭和・平成を代表するスーパーギタリストです。

渡辺:いやぁ、過分なご紹介を……。ありがとうございます。

水樹:とんでもないです(笑)。そして、「Twitterギタリスト」としても活動されていて、いつもこの番組を盛り上げてくださっております(※渡辺さんは「Mの世界」生放送中に、たびたび、ダジャレなども交えながらツイートしてくださっています)。

渡辺:そんな肩書が本当にあるのかな?という話ですが……。

水樹:いいんですよ! 言ったもん勝ちですよ(笑)。もう、2003年からのお付き合いなので、気づけば……。

渡辺:17年目に突入ってことですね!

水樹:いつも本当に全力で参戦していただいて……。最近では、「Cherry Boys」のみなさんには、演奏だけでなく、ダンスを踊ってもらうわ、映像で演技していただくわ……いろんなことをやっていただいていますが(笑)、いかがですか?

渡辺:いやぁ、なんか……普通にやってますね(笑)。

水樹:ありがとうございます(笑)。

渡辺:まぁ、日頃の奈々さんのいろんな挑戦を思えば、こちらも(がんばらねば)……っていう心意気なんじゃないでしょうかね、みんな。

水樹:あと、まずは何より曲数が多いじゃないですか。ツアーに出ると、同じツアー内でも日替わり曲があって、特別な記念回だったりするとダブルアンコールがあったり。もともとの公演時間も長くて、3時間くらいだから、1回ツアーに出ると50~60曲……。

渡辺:トータルでは(そのくらい)やってるみたいですよね。

水樹:しかも、譜面を見てないじゃないですか、全員が。なかなかほかの現場だとないかな~と。

渡辺:でもやっぱり、あの感じのステージで譜面を見ていたら、バランス的におかしいですし……。

水樹:しかも、走ったり、立ち位置が変わったりとかね。

渡辺:それもあるから、譜面を置いてもしょうがないっていうのもあるしね(笑)。

水樹:毎回、動きまくっていただいて……。さらに、「MCでダジャレもお願いします!」とかもあるから。

渡辺:あれは自分で始めちゃったから、しょうがないっていう話ですけどね(笑)。

【番組初のスタジオライブで、リスナーにおなじみの曲を披露!】

番組後半では、「Mの世界」放送開始から11年目にして初のスタジオライブを披露! 渡辺さんのアコースティックギター演奏で、水樹が「レイジーシンドローム」を歌いました。

水樹:スタジオ初ライブ、楽しかったですね。一気に汗だくになりました。

渡辺:楽しかった。いやいや、さすがです。

水樹:この番組のエンディングテーマだったこの曲をぜひやりたいなと思って、LINEでこんな方向性がいいんじゃないかとか、やりとりをさせていただいて……。

渡辺:1回ちょっと録ってみるからって。で、送ってね。

水樹:弾いたデモを送ってくださって……。「うわぁ、バッチリです。あとは当日、細かいところを詰めましょう」って言ってね。本当に楽しかったので、また、折を見て……。

渡辺:恒例化しちゃったりしてね(笑)。

水樹:ちょっと、季節ごとにまたやりたいかなと。春歌をやるとか、夏歌をやるみたいにね。ぜひ、また遊びに来てくださいね。

ラジオを通しての一夜限り(?)のスタジオライブ。先日の1日限りのスペシャルライブ「NANA MUSIC LABORATORY 2019 ~ナナラボ~」に続き、また新たな音楽の実験となりました。

(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」2019年4月15日(月)放送より)

最終更新:4/22(月) 17:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事