ここから本文です

コウチーニョが人気YouTuberに耳栓ジェスチャーの真意を明かす

4/22(月) 10:30配信

SPORT.es

FCバルセロナ所属のMFフィリペ・コウチーニョが有名ユーチューバーとの対話形式でカンプ・ノウで見せた耳を塞ぐジェスチャーの理由を説明した。

謎パフォの説明か?コウチーニョが意味深メッセージを残す

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを決めた直後に耳を防ぐジェスチャーをしたコウチーニョは、20日(土)のレアル・サラゴサ戦(2-1○)でカンプ・ノウの観客からヤジの口笛を浴びた。

CL準決勝でリヴァプールのホームであるアンフィールドの地を再び踏むことについて尋ねられたコウチーニョは、ユーチューバー“Koko DC”に次のように語った。
「僕はいつだってみんなに敬意をもって接してきた。しかしそうしてきたにも拘わらず、あの日僕は試合に集中できるように、気分を害されないように耳を塞がなければならなかった。僕が耳を塞いだのは、プレーに集中する為にそうしなければならないという事を示したかったからだ」

また準決勝のリヴァプール戦についてコウチーニョは次のように語っている。
「とてもスペシャルな試合だ。僕は試合が待ち遠しい。素晴らしい雰囲気が立ち込めることだろう。その雰囲気をフィールドで感じたい、今度はライバルチームとして」

またコウチーニョは敬愛するロナウジーニョやレオ・メッシについてこう語った。
「僕のアイドルはいつだってロナウジーニョだ。彼と一緒にプレーしてみたかった。彼と初めて会った日は緊張したよ。彼と一緒の写真は大事にしまってある。メッシと知り合って、そばに行った日も同じように緊張した」

また将来的にNo.1となる可能性のある選手たちについて、コウチーニョは「サラー、ネイマール、アザール...難しいね、何人かいるが」とコメントした。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:4/22(月) 10:30
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事